PROFILE

Joielinne

Joielinneとはフランス語の造語で『ワクワク』『ウキウキ』『心踊る』などの意味を持っています。

この名前通り 手にした方にウキウキワクワクを届けられるよう心を込めてお作り致します。

 可愛い 綺麗な物が好きな全ての方へ…



♡取材していただきました♡

*2017年9月

広告新聞

*2017年10月13日

上毛新聞 TAKATAI

Joielinne

彩り豊かなプリザーブドフラワーで手軽に花のある暮らしを Joielinne じょわりーぬ 2017年09月07日 *アレンジメント(写真左2つ)とハーバリウム(写真左) 彩り豊かなプリザーブドフラワーで手軽に花のある暮らしを *工藤 幸子さん 平成16年にプリザーブドフラワーの認定講師資格を取得し、「Joielinne」としてプリザーブドフラワーのアレンジメントを制作している工藤さん。工藤さんがアレンジメントをするようになったのは、自分のウェディングブーケを残したいと思い作ったのがきっかけだという。 プリザーブドフラワーの魅力は生花のような瑞々しさと生気を残しながら長期保存でき、生花にはない多彩な色合いを楽しめるところ。水やりの手間もいらず、飾るだけで花のある生活を楽しめる。小さな頃から花が身近だった経験から、花は生活に彩りを与え感性を磨き心を豊かにすると感じ、その中でも暮らしに手軽に添えられるプリザーブドフラワーを様々な人に知ってもらえるよう価格を抑えて作品を販売している。 工藤さんはプリザーブドフラワーをメインに、ドライフラワーやアーティフィシャルフラワーを使用し、リボン・羽・チュールなどの素材を組み合わせ制作。工藤さんの作品は華やかで優しい作風が魅力。自然な色合いを意識し、ニュアンスカラーでまとめることが多いのだという。 また、今注目を集めるインテリア、“ハーバリウム”の認定講師資格(ディプロマ)も取得。透明な瓶にプリザーブドフラワーやドライフラワーを入れ専用のオイルを流し込んだハーバリウムは、アレンジメントとはまた違った雰囲気で花を楽しめる。工藤さんのこだわりは、屈曲の加減などを考え花が映える瓶を選び、透明感を意識して制作すること。複数本飾るとさらに空間が華やぐのだとか。 高崎市鞘町にある「Memorial Design(メモリアルデザイン)」にて、アレンジメントやハーバリウムの店頭販売・オーダーメイドを受け付けている。ハーバリウムは2・3本セットのギフトボックスでの販売や、好きな花を選んで作れるフリーレッスンも定期的に開催。出張レッスンも随時受け付けている。詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい。

広告新聞オンライン